一般歯科

虫歯にはどうしてなるの?

虫歯になってしまう直接の原因は歯垢です。歯垢はプラークとも呼ばれていて、歯の表面に付着する白くやわらかい垢のようなもののこと。歯垢は歯を溶かす「破骨細胞」を活性化させてしまうので、歯磨きをせずにいると歯垢が溜まってしまい、歯を溶かして虫歯へと発展させてしまいます。食後のブラッシングを欠かさずに行い、歯垢を除去して虫歯を予防しましょう。

虫歯レベル

虫歯はそのレベルにより、C0~C4に分けられています。

C0

虫歯になる前兆です。歯の表面(エナメル質)がチョークのように白く濁ってしまいます。自覚症状はなく、また痛みもありません。しかしC0であれば丁寧なブラッシングだけで治ることがあります。

C1

歯の表面の虫歯です。ブラッシングだけで治ることはありません。歯科医院で治療を受けましょう。この段階であれば歯の表面だけを削り、CR(コンポジットレジン)という歯とほぼ同じ色のプラスチックを詰めることで治すことができます。

C2

Dummy歯の中(象牙質)の虫歯です。冷たいものや甘い物を食べたときにしみてしまった場合、このC2が考えられます。虫歯部分を削り、インレー(詰めもの)を使用して治療します。

より審美的な治療はこちら

C3

Dummy歯の神経まで達している虫歯です。常に激しい痛みが伴います。C3の治療には神経を取らなければなりません。その後、クラウン(被せもの)を装着して治療完了となります。

より審美的な治療はこちら

C4

歯の根までの虫歯です。この段階まで進んでしまうと膿が出てきます。最悪の場合は抜歯しなければなりません。抜歯後には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」などを使用します。

インプラント治療はこちら

入れ歯・義歯はこちら