インプラント

インプラント治療について

インプラント治療についてインプラント治療とは、歯が抜け落ちてしまったところに人工歯を植え込む治療のことです。まずはアバットメント(歯の根っこにあたる部分)をあごの骨と結合させ、その上からインプラント(歯にあたる部分)を被せていきます。そのため自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができるのです。またインプラントはしっかりとしたアフターケアを行うことで半永久的に使うことができるため、“第二の永久歯”とも呼ばれています。

インプラント治療のメリット

メリット

・噛み合わせを長期間に渡り安定させることができる
・失った歯が多くても治療可能
・自然歯と近い外観である
・自然歯と同じ感覚でものを噛むことができる
・食感や味をしっかりと楽しむことができる

デメリット

・治療にかかる期間が長い(最短でも6週間)
・全身疾患がある場合など、治療を受けられないケースもある
・自費治療である
・定期的にメンテナンスをしなければならない(最低でも半年に1回のメンテナンス)

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

カウンセリング と インフォームドコンセント

まず、はじめにどういった症状なのか、インプラント治療を行うとどういうことがあるのか、など、患者様の悩みを聞き、と実際のインプラント治療の概要やメリット・デメリットを知っていただきます。

精密検査

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。十分な検査と綿密な治療計画を立てた上で、患者様に合わせた治療をすすめていきます。

インプラント埋入手術

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。このインプラントが 新しい歯の土台となります。

治療期間

インプラントと骨が結合し安定するまで待ちます。(骨の状態など様々な条件によって期間が異なります。)この間は、仮の義歯を使用することができます。

上部構造の装着

インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結し、人工の歯(上部構造)を装着する準備をし、再び経過を待ちます。 その後はインプラントのヘッドに上部構造を装着します。ここでインプラントを装着する治療は終わります。

定期健診(メインテナンス)

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、定期的な検診とホームケアなどのアフターケアを行います。