入れ歯・義歯

入れ歯・義歯

こちらのページでは、入れ歯(義歯)についてご説明しています。どのタイプのものが適しているのか、ご自身の希望条件と照らし合わせながらご覧ください。

部分入れ歯

部分入れ歯歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。咬合機能の回復を図ることができますが、装着することで舌が動かしにくくなる、しゃべる時に浮き上がってしまい違和感がある、などのデメリットがあります。

総入れ歯

総入れ歯全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。食べものの味が分かりにくくなる、違和感が強い、喋りににくくなるなどのイメージが強くありますが、なかにはそれらのデメリットを改善した総入れ歯もあります。

総入れ歯の種類

レジン床入れ歯(保険診療)

レジン床入れ歯(保険診療)歯ぐきにあたる部分がプラスチックで作られている入れ歯です。耐久性に劣り、うっかり落とすと割れてしまうこともあります。また前述の通り、食べものの味が分かりにくくなる、違和感が強い、喋りにくくなるなどのデメリットも目立ちます。

金属床入れ歯(自費診療)

金属床入れ歯(自費診療)歯ぐきにあたる部分が金属で作られている入れ歯です。使用する金属には様々な種類がありますが、どれを地金としてもプラスチックより薄く作ることができます。そのためレジン床入れ歯に見られるデメリット(違和感があるなど)は、この金属床入れ歯にはありません。また耐久性に優れており、床に落としても割れることはありません。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)バネを使わずに装着できる入れ歯です。半透明の材質なので入れ歯を装着しているようには見えず、金属を使用していないので金属アレルギーの心配もありません。また弾力性のある素材を使っているため薄く作ることができます。違和感が少ない入れ歯です。

シリコンデンチャー(自費診療)

歯ぐきにあたる部分がシリコンで作られている入れ歯です。シリコンは柔軟性に優れているため付け心地もピッタリです。レジン床入れ歯に見られる「食べものを噛んだ時の痛み」もなく、快適にお食事を楽しんでいただけます。