歯周病について

歯周病について

歯周病とは、その名前の通り「歯の周りの病気」のことです。症状としては、歯肉の炎症・出血・腫れ・歯槽骨(歯を支えている骨)の破壊などがあります。ブラッシング時の歯ぐきの出血は、この歯周病によるものが大半です。治療せずに放置しておくと歯ぐきが痩せていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。さらには歯周病病原菌が血液に流れ出し、内臓などに影響が出ることも考えられます。

症例

Dummy

Dummy

二大歯科疾患

歯周病は虫歯とともに二大歯科疾患に数えられています。現在では20代の約7割、30代の約8割が歯周病だとも言われており、さらには小中学生の患者も増えているという報告が出ています。

歯周病の感染経過

歯周病の感染経過

歯周病にかかる原因としてはブラッシングの怠りから喫煙や食生活など実に様々なものがありますが、定期的なPMTCで予防することができます。