予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは予防歯科とは、虫歯・歯周病などの「歯の病気」を予防するために行われる歯科治療のことです。当院「海野歯科クリニック」では「子どもの予防歯科」「大人の予防歯科」と分けており、それぞれの年代に合わせた予防を行っています。

虫歯や歯周病で溶けてしまった歯やあごの骨は、元に戻すことはできません。虫歯や歯周病などができてから治療しているのでは遅いのです。いくつになっても自分の歯で美味しく食事を楽しめるよう、歯の病気にならないための治療を受けてみてはいかがでしょうか。

小児からの予防

フッ素

虫歯予防としてフッ素を歯の表面に塗ります。フッ素には歯の表面(エナメル質)を強く丈夫にする効果があるので、虫歯予防には大変効果的です。

シーラント

シーラント子どもの歯にある細くて深い溝をあらかじめ埋めておく治療です。虫歯の原因である歯垢が溜りやすいので、埋めてしまうことで歯垢を溜まりにくくします。

キシリトール

キシリトール虫歯になる前兆です。歯の表面(エナメル質)がチョークのように白く濁ってしまいます。自覚症状はなく、また痛みもありません。しかしC0であれば丁寧なブラッシングだけで治ることがあります。

TBI

虫歯になる前兆です。歯の表面(エナメル質)がチョークのように白く濁ってしまいます。自覚症状はなく、また痛みもありません。しかしC0であれば丁寧なブラッシングだけで治ることがあります。

大人からの予防

PMTC当院では大人の予防歯科として「PMTC」を行っております。PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字をとったもので、「専用の機材を使用したプロによる歯のクリーニング」です。歯科衛生士や歯科医が様々な機材やフッ素入りペーストなどを使って、虫歯や歯周病の原因である「バイオフィルム(ばい菌のかたまり)」を除去します。

PMTCの効果

・歯をキレイに掃除できる

・虫歯・歯周病の予防効果がある

・歯の痛みや腫れを抑えることができる

・歯の健康状態を維持することができる